外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 袴田事件の第2次再審請求で実施された犯行時の着衣とされる「5点の衣類」のDNA鑑定結果に関し、袴田巌死刑囚(75)の弁護団は22日、弁護側の鑑定人は、衣類の血痕全てから被害者の血液と同一のDNA型が検出されていないと判断していると明らかにした。検察側鑑定人の鑑定結果は、確定判決と大筋で矛盾せず一致する内容だったが、弁護団は記者会見で「無実が99%明らかになった」と強調した。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信