外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 最高裁第2小法廷は7日までに、仙台市の「遺体なき殺人事件」で強盗殺人罪などに問われた横浜市の無職小谷野裕義被告の上告を棄却する決定をした。強盗致死罪などを適用し懲役15年とした裁判員裁判の一審仙台地裁判決を破棄して、審理を差し戻した二審仙台高裁判決が確定する。5日付。裁判員裁判で差し戻しが確定するのは初めて。仙台地裁での差し戻し審はあらためて裁判員を選び直して実施される。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信