外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 京都府長岡京市で2010年、妻の両親を刺殺したとして、殺人罪に問われた元不動産業李敏男被告(55)の裁判員裁判の第2回公判が28日、京都地裁(小倉哲浩裁判長)であり、殺害時に被害者が録音していた音声が流され、被害者の悲鳴に裁判員らは険しい表情を見せた。以前から被告に脅されていた被害者が、記録のためボイスレコーダーを持っていた。公判で、レコーダーを調べた検察官を証人尋問、その際に音声が再生された。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信