外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 東京都渋谷区に本部があり、信者数約70万人(2011年末現在)の宗教法人「妙智会教団」が祭りなどで得た収入を簿外で処理して裏金にし、12年までの5年間に約2億円を宮本恵司代表役員(57)が私的な飲食、旅行などに使っていたことが23日、関係者への取材で分かった。東京国税局は教団への税務調査で、約2億円は代表役員への実質的な給与に当たり、所得税約8千万円の源泉徴収を免れたと指摘した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信