外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 森林整備関連事業のための任意団体「埼玉県『美しい森林』推進協議会」(同県秩父市)が業務委託先職員の勤務日数を約8倍に水増しした虚偽の書類を作成し、2010年度までの3年間に補助金約2500万円を不正受給していたことが13日、会計検査院の調べで分かった。補助金適正化法に抵触する疑いもある。委託業務の発注側と受注側は、県から出向した人物が代表を兼務しており、事実上一体でチェック機能が働かなかった。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信