外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 政府は26日、総額5兆900億円の追加経済対策が柱の10年度補正予算案を閣議決定。財政再建と景気対策両立のため、財源に税収の上振れ分などを充て、経済対策のための補正予算としては99年度第1次補正以来、11年ぶりに国債の新規発行を見送った。政府は29日に補正予算案を国会に提出、12月上旬までの会期内成立を図る。対策の規模は、今月8日、閣議で概要決定時から約400億円拡大した。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信