外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 衆院予算委員会は15日夜、追加経済対策など約5兆900億円に上る2010年度補正予算案の採決を行い与党、社民党の賛成多数で可決した。16日の衆院本会議で可決、参院に送付される見通しだ。一方、自民党は中国漁船衝突事件と映像流出をめぐり仙谷由人官房長官、馬淵澄夫国土交通相の不信任決議案を提出。衆院本会議でいずれの不信任案も与党、社民党の反対多数で否決された。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信