外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 政府は31日、景気を下支えするため年末に編成する2014年度補正予算案を3兆円規模とする方向で検討に入った。4月の消費税増税後に落ち込んだ個人消費を財政支出で押し上げ、来年10月に予定する再増税に向け環境を整備する。財政再建にも配慮し、追加の国債発行は回避する方向だ。

共同通信