外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 菅直人首相は21日夜、国会軽視発言をした柳田稔法相の進退をめぐり民主党の岡田克也幹事長、仙谷由人官房長官らと公邸で詰めの調整を行ったが、結論は出ず22日に持ち越した。民主党内では野党が2010年度補正予算案採決に応じることを条件に早期辞任もやむなしとの見方が強まっている。自民党は22日に法相問責決議案を提出する。法相は21日、問責可決された場合でも続投する意向を表明した。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信