外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 昨年3月、種子島発鹿児島行き日本エアコミューターのボンバルディアDHC8―Q400の左エンジンギアシャフトが離陸直後に破断した重大インシデントで、シャフトの製造過程で不純物が混入、耐久性が落ちて、金属疲労を起こし破断した可能性が高いことが、20日までの運輸安全委員会の調査で分かった。安全委は、材料などの品質管理を改善する必要があるとして、本社があるカナダの航空当局に安全勧告する方針。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信