ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

複数アドレス使い分けか

 遠隔操作ウイルスによる犯罪予告事件で、「真犯人」を名乗るメールの送信者が、少なくとも二つのメールアドレスを使い分けていたとみられることが16日、分かった。いずれもドイツなど海外にある複数のサーバーを経由して利用されていた。送信元の特定を避けるため複数のアドレスや海外サーバーを使った可能性が高く、捜査当局は送信元を特定するため解析を進めている。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。