外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ダッカ共同】バングラデシュの飲食店襲撃テロで、日本人犠牲者7人の遺族や生存者の家族が3日深夜(日本時間4日未明)、事件が起きた首都ダッカに到着した。萩生田光一官房副長官は4日、一部の遺族らが遺体と対面したと明らかにした。残りの遺族も現地時間の同日午前中に遺体が安置されている施設を訪問する方向で調整しているという。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信