外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ローマ共同】世界食糧計画(WFP)と国連食糧農業機関(FAO)は17日、共同声明を発表し、エボラ出血熱の感染が拡大する西アフリカのギニア、リベリア、シエラレオネで食料の供給難が深刻化し、状況が改善されなければ、来年3月までに100万人が食料不足に直面する恐れがあると警告した。

共同通信