外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 参院議長で1976年の新自由クラブ結成に参画した西岡武夫氏(民主党比例代表選出)が5日午前2時24分、肺炎のため東京都港区の虎の門病院で死去した。75歳だった。長崎市出身。参院事務局によると、参院議長の在職中死亡は49年の松平恒雄氏以来。西岡氏は2010年7月に参院議長に就任。東日本大震災や東京電力福島第1原発事故をめぐる菅直人前首相の対応について批判し、菅氏退陣を要求した。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信