外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 気象庁は10日、台風3号からの暖かく湿った空気が流れ込むため、西日本(近畿、中四国、九州)の太平洋側を中心に11日は激しい雷雨の恐れがあるとして注意を呼び掛けた。沖縄県や九州南部、鹿児島県奄美地方は強風や高波にも注意が必要だ。台風は10日、日本の南海上を北上。13日にかけて北上を続けて紀伊半島や四国に近づく見込みで、梅雨前線の活動が活発になる恐れがある。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信