西日本豪雨の発生から1カ月となるのを前に、岡山、広島、愛媛の被災3県で、被災した子どもの心身の変調を訴える保護者からの相談が増えていることが4日、各県や児童相談所への取材で分かった。川の堤防決壊で大規模な氾濫が起きた岡山県倉敷市にある児相には「暴言、暴力がひどくなった」などの被災による相談が10件以上寄せられているという。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Teaser Longform The citizens' meeting

Teaser Longform The citizens' meeting

公式アカウントはじめました

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。