外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 気象庁は3日、西日本(近畿、中四国、九州)と北陸地方で大気の状態が非常に不安定になるとして、落雷や、竜巻などの激しい突風に注意を呼び掛けた。気象庁によると、梅雨前線が日本海から東北南部に停滞し、前線に向かって南から温かく湿った空気が流れ込む。発達した積乱雲が近づく兆しがある場合は建物内に移動するなど安全確保が必要だ。局地的には1時間に30ミリの激しい雨が降る恐れもあり、土砂災害などへの注意も必要。

共同通信