外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 気象庁は5日、西日本と東日本の広い範囲で5日夜から6日にかけて大雪となり、東京23区など太平洋側の平野部でも積もる恐れがあるとして、交通機関の乱れや路面凍結などに警戒を呼び掛けた。同庁によると、5日夜から6日にかけて低気圧が発達しながら日本の南海上を東に進み、東京などで大雪が降った1月14日とよく似た「南岸低気圧」と呼ばれる気圧配置になる見込み。西日本は5日夜から、東日本は6日に広範囲で雪が降るという。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信