外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【カイロ共同】エジプト次期大統領選の有力候補者で、国際原子力機関(IAEA)前事務局長のエルバラダイ氏は26日、反軍政デモが拡大している問題で「正式な組閣要請があるなら、大統領選立候補を見直す用意がある」と述べ、暫定首相職の受け入れは可能との声明を出した。フランス公共ラジオが伝えた。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信