外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 6年連続で警察犬審査に落ちていた見習い警察犬「きな子」(雌、8歳)が14日、香川県警の審査に合格し、来年1月から嘱託警察犬として採用されることがに決まった。13年3月末までの契約で、事件捜査などに出動する。今年の競技会で優勝し、採用が確実視されていた。合格の知らせを受け、ペアを組む訓練士の亀山伸二さんが「努力が実ってよかった」と笑顔を見せると、きな子も誇らしげに尻尾を振っていた。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信