外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 原子力規制委員会は22日、日本原子力発電敦賀原発(福井県)をめぐり、規制委調査団が「2号機直下の破砕帯は、耐震設計上考慮する活断層である」との報告書を了承した。規制委は、活断層が動いた場合、原子炉建屋の燃料プールなどに与える影響を原電に分析するよう求めることを決めた。規制委は原電の報告を受けた上で、今後の対応を検討する。申請があっても再稼働は認めない見通しで、廃炉の公算がより大きくなる。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信