外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 原子力規制委員会の田中俊一委員長は28日、東京電力の広瀬直己社長を呼び、福島第1原発で相次ぐ汚染水漏れへの対応について認識をただした。田中委員長は「極めて憂慮すべき事態だ。徹底的かつ長期的な計画で臨んでほしい」と述べ、作業員の被ばく線量を減らすための除染などを実施するよう要請した。

共同通信