外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 原子力規制委員会の検討チームは27日、原発の半径5キロ圏外では毎時500マイクロシーベルトの放射線量が測定されればすぐ避難するなど、新たな住民避難の基準を示した。原発事故を受け、国際基準より2~5倍厳格化。年明け以降、原子力災害対策指針に反映させる。原発5キロ圏外を対象にした避難基準である毎時500マイクロシーベルトは、国際基準より2倍厳しくした。数時間内に避難する。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信