ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

規制委、敦賀原発で断層調査

 原子力規制委員会は14日、定例会合を開き、日本原子力発電敦賀原発(福井県)の原子炉直下にある軟弱な断層(破砕帯)が活断層かどうかを調べるため、12月1~2日に現地調査団の派遣を決めた。団員には原発をめぐる活断層評価の甘さを指摘してきた名古屋大の鈴木康弘教授ら5人を選んだ。関西電力大飯原発(福井県)に続き2例目。活断層と判断した場合、停止中の敦賀原発の再稼働を認めない方針で、廃炉の可能性も高まる。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。