外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 原子力規制委員会は、東京電力が再稼働を目指す柏崎刈羽原発6、7号機(新潟県)の審査で、10月4日にも事実上の合格証に当たる審査書案を了承する方向で調整に入った。関係者への取材で20日、分かった。27日の定例会合で審査書案について検討を始めるが、委員の交代や、拙速との批判があることから複数回の議論を重ねる必要があると判断した。ただ、地元同意の見通しが立っておらず、再稼働は数年先とみられる。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信