外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 原子力規制委は21日、定例会合を開き、福島第1原発の地上タンクから約300トンの高濃度汚染水が漏れた問題について、原子力規制庁が深刻度を事故評価尺度で、8段階の下から4番目のレベル3(重大な異常事象)に引き上げる案を示した。IAEAに確認した上で評価を決める。規制委は19日にレベル1(逸脱)と暫定評価したが、漏れた量が300トンと推定されたことから2段階引き上げを検討。

共同通信