外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 大阪府警に覚せい剤取締法違反容疑などで逮捕された男(40)が、入院のため勾留執行停止中だった8月に大阪府吹田市の病院から逃走し、行方不明になっていることが14日、捜査関係者への取材で分かった。男が病院付近で車に乗り込み、走り去ったとの目撃情報があり、府警は逃走を手伝った仲間もいるとみて捜査している。小園容疑者が勾留中、「腹が痛い」と体調不良を訴えたため、大阪地裁は8月13日に勾留執行停止を認めた。

共同通信