外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 昨年と今年9月までの1年9カ月間に全国の警察が摘発した覚せい剤密輸入事件は240件で、このうち航空機に乗り荷物に潜ませて持ち込む「運び屋」を使う手口が191件(79・6%)を占めたことが19日、警察庁の調査で分かった。運び屋は世界33カ国・地域から出発し、到着地は成田、関西空港などの主要空港が中心だが、比較的警戒が薄い地方空港にも拡散していた。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信