外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【クアラルンプール共同】大量の覚せい剤をマレーシアに持ち込んだとして、危険薬物不正取引の罪に問われた元看護師竹内真理子被告(38)の控訴審で、クアラルンプール郊外の裁判所は27日、一審の死刑判決を支持し、控訴を棄却した。マレーシアは三審制で、同被告の弁護人は上訴する方針を明らかにした。竹内被告は「頼まれて荷物を運んだだけで、中身を知らなかった」と一審から一貫して潔白を訴えてきた。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。









swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信