外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 覚せい剤使用・所持事件の一審で実刑判決を受けた後、服役せずに薬物依存症の治療を受ける目的で控訴した2人の被告に対し、横浜、東京両地裁が、医療機関への「居住」を条件に保釈を認める異例の決定をしていたことが26日、分かった。弁護人が「治療を終えれば服役する」と約束した保釈請求を受け入れた措置で、2人は治療後に依存症が改善したとして控訴を取り下げ、既に収監された。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信