外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 14年に全国の警察が摘発した親族間の未遂を含む殺人事件や傷害致死事件は計272件で、動機で最も多いのは「将来を悲観」だったことが10日、警察庁の集計で分かった。被害者は「父母」が3割超で最多。高齢化社会で親の介護疲れなどが背景にある実態もうかがえる。警察庁は、親族間犯罪では原則不支給とされている犯罪被害者への給付金制度の見直しを進めており、年間を通した親族間犯罪を初めて詳細に分析した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信