外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 米国在住のニカラグア国籍の元夫(39)に無断で米国から長女(9)を連れ去ったとして親権妨害罪などに問われた兵庫県宝塚市の日本人女性(43)の代理人は24日、米国での司法取引成立を受け、親権変更を求め大阪高裁で係争中の家事審判について、即時抗告の取り下げを検討していることを明らかにした。家事審判では長女の親権を元夫から女性に変更する一方、元夫と長女が米国で面会できることも認め、双方が即時抗告。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信