外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 母親と同居中の男から虐待された小学生の親権をめぐる民事裁判で、仙台地検が家裁の求めに応じて関係者の供述調書やけがの状況を撮影した写真などの捜査情報を開示する異例の措置を取っていたことが、18日、裁判関係者への取材で分かった。審理は短期間で終わり、家裁は母親の親権を停止して、離婚した実父に親権を移した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信