外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 家系図作成が行政書士の資格を必要とする「事実証明に関する書類」に当たるかどうかが争われた刑事裁判の上告審判決で、最高裁は20日、観賞目的や記念品として作成される場合、資格は必要ないとの初判断を示した。判決は、行政書士法違反の罪に問われた北海道大空町の介護士花香雄介被告(28)を懲役8月、執行猶予2年とした一、二審判決を破棄、逆転無罪とした。花香さんの無罪が確定する。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信