外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 自民、公明両党は14日午前、野田佳彦首相が年内の衆院解散・総選挙に踏み切らない場合、内閣不信任決議案の提出を検討する方針で一致した。首相が年内衆院選の意向を関係者に伝えたことに民主党内から反対論が噴出しているのをけん制する狙い。一方、首相は午後に政府・民主三役会議を招集し、今後の対応を協議する。衆院解散をめぐる駆け引きは激しさを増した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信