外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 野田佳彦首相(民主党代表)と自民党の安倍晋三総裁、公明党の山口那津男代表は19日午後、国会内で約40分間会談した。自公両党が衆院解散・総選挙の時期の明示を求めたのに対し、首相は公債発行特例法案など三つの条件を出し「条件が整えば、きちんと自分の判断をしたい」と事実上拒否した。自公両党は猛反発し決裂。会談を受け政府、民主党は臨時国会を29日に召集し、会期幅を約1カ月とする方針を決めた。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信