外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 野球賭博関与で日本相撲協会を解雇された元大関琴光喜関の田宮啓司氏(34)が13日、同協会の解雇は不当として、力士としての地位保全を求める仮処分を東京地裁に申し立てた。田宮氏の代理人が明らかにした。この代理人は解雇後に相談を受け、処分の理由や経緯について相撲協会に質問状を送った。納得のいく返事を得られず、仮処分申請に踏み切ったという。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信