外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 栃木県那須町のスキー場で登山講習中だった県立大田原高山岳部の生徒ら8人が死亡した雪崩事故は、3日で発生から1週間。雪崩注意報が出る中で実施された訓練について、講習会の責任者は「経験則から絶対安全と思っていた」と説明したが、遺族や犠牲者の友人らは「荒天で強行した判断は疑問」と不信感を強める。県警は業務上過失致死傷の疑いで捜査。雪崩を予見できたのか、安全管理面の判断に誤りがなかったのかが焦点になりそうだ。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信