【ハノイ共同】ミャンマーのアウン・サン・スー・チー国家顧問兼外相は13日、イスラム教徒少数民族ロヒンギャに関する取材でロイター通信のミャンマー人記者2人が禁錮7年の実刑判決を受けたことについて「表現の自由とは関係なく、国家機密法に関するものだ」と述べ、判決の正当性を強調した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Teaser Longform The citizens' meeting

Teaser Longform The citizens' meeting

公式アカウントはじめました

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。