外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 数年に1度程度しか発生しない1時間に100ミリなどの大雨が観測された際に出る「記録的短時間大雨情報」の発表回数が、豪雨災害の相次いだ今年は100回(11月末現在)に達したことが17日、気象庁のまとめで分かった。情報の運用開始は1983年10月で、年100回以上になったのは8月末に東海を中心に豪雨が襲った2008年の129回以来2回目。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信