外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 激しい雨が降ったとして、気象庁が「記録的短時間大雨情報」を発表した自治体の約4割で、土砂災害が発生していたことが23日、名古屋地方気象台と静岡大の調査で明らかになった。浸水被害や道路損壊などは、さらに高い割合で起きていた。

共同通信