外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【台北共同】今年1~6月期に旅行やビジネスで日本を訪れた台湾人客が前年同期比51・7%増と大幅に伸び、上半期としては過去最高の110万9千人に達したことが20日、台湾観光当局の統計で明らかになった。担当者は「円安のほか、2011年の航空自由化(オープンスカイ)協定締結に伴う増便や最近の対日関係改善も影響したとみられる」と分析した。1~6月期に海外渡航した台湾人の総計は5・6%増の528万9千人。

共同通信