外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 日本政策投資銀行が1日発表した設備投資計画調査によると、大企業の2018年度の国内設備投資額は前年度実績比21・6%増の見通しになった。計画ベースでは7年連続の増加で、伸び率は1980年度以来、38年ぶりの高水準となった。自動車関連の生産増強や、人手不足に対応するための省力化設備の導入などが寄与した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信