外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 厚労省は6日、医療サービスの対価として支払われる診療報酬の2014年度改定で、認知症対策やがん医療を推進していくとする「基本方針」の骨子案をまとめた。14年の消費税率8%への引き上げに関連し、消費税を患者に転嫁できない医療機関の負担を軽減するため、初診料など基本診療料への報酬上乗せも明記した。

共同通信