外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 政府は21日、12年度の診療報酬を全体で0・004%増と、ほぼ据え置くことを決めた。病院勤務医の労働条件が厳しい救急や産科、小児科などの環境改善が狙い。政府は当初、保険料や患者の自己負担の増加につながる報酬引き上げは困難として、引き下げを目指したが、プラス改定を求める民主党に配慮した。介護報酬は1・2%の引き上げ。ただ介護職員の処遇改善分を介護保険財政で賄うため、実質的には0・8%のマイナス。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信