外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 保育サービスを受けるため、虚偽の勤務証明書を提出したとして詐欺罪に問われ、懲役1年6月、執行猶予3年の判決が確定した福岡県の30代の女性について、福岡地裁(高原正良裁判長)は13日までに、再審開始を決定した。決定は5日付。再審が開始されれば、判決が見直され、無罪となる可能性がある。再審開始の理由として、夫が16日以上働いていた新たな証拠が見つかったことなどを挙げている。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信