外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 20年夏季五輪招致を目指す東京を現地調査する国際オリンピック委員会(IOC)評価委員会は4日、都内の会場を視察し、中央区晴海の選手村予定地などを見て回った。近くの高層ビルから予定地を見下ろし、説明役を務めたフェンシング男子の太田雄貴選手は「すごくいい雰囲気だった。百点の出来だと信じている」と話した。スキー・ジャンプ女子の高梨沙羅選手も同席し、地元の中学生が和太鼓で歓迎した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信