外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 昨年6月から75歳以上のドライバーの免許更新時に義務付けられた講習予備検査(認知機能検査)などで、これまで1年間に39人が「認知症」と診断され免許を取り消されたことが15日、警察庁まとめで分かった。検査を受けた76万2773人のうち、「記憶力や判断力が低下」は1万4189人(1・9%)、「少し低下」は18万8935人(24・8%)、「心配ない」は55万9649人(73・4%)だった。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信