外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 総務省消防庁は25日、認知症高齢者が暮らす全てのグループホームにスプリンクラー設置を義務付ける方針を固めた。現在、義務付けられているのは延べ床面積275平方メートル以上だが、この基準を撤廃し小規模施設への設置を促す。消防庁は、27日に開かれる予定の有識者や関係団体などでつくる検討部会で、全面義務化の方向性を盛り込んだ報告書の骨子案を提示する。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信