外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 読売新聞グループとプロ野球の巨人は5日、清武英利前球団代表による渡辺恒雄球団会長への批判でグループの名誉を毀損されたなどとして、総額1億円の損害賠償を求め東京地裁に提訴した。白石興二郎読売新聞グループ本社社長・巨人オーナーは「独断で行った違法な言動のせいで、77年の伝統を持つ巨人軍の名声は踏みにじられた」との談話を発表した。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信